種類に合わせた治療を受けよう|うつ病から介抱されるには

ドクター

見過ごさないことが大切

男性

双極性障害について理解する

うつ病という言葉を聞くと、多くの人が同じような症状のイメージを抱くのではないでしょうか。しかし現在、うつ病の種類はとても多くなっていて、種類ごとに少しずつ症状が違います。最近精神的にい少しおかしいなと思っている人は、もしかする地うつ病を発症するまえぶれなのかもしれません。自分の心状態を把握しておくという意味でも、たくさんの種類があるうつ病の症状を理解しておくことは無駄にはなりません。細かく分けると数えきれないほど種類があるうつ病の中でも比較的知名度が高いのが、双極性障害です。昔は、躁うつ病と呼ばれていました。うつ病の代用的な症状といえば、気分が落ち込んだままの状態が長期的に続くことですが、この精神状態がずっと続くわけではありません。嬉しい出来事があったり調子が良い時には、気持ちが楽になります。ところが双極性障害の場合は、気持ちの上がり方が尋常ではありません。気持ちが高揚している状態では、ちょっと普通では考えられないような行動をとります。普段あまりお金を使わない人が突然全財産を下ろして散財をするというのは、その一例です。怒りっぽくなって周りの人に絡みに行ったりというのも、躁状態の人によく見られる行動です。一方、気持ちが落ち込んだ時は、私たちがよく知るうつ病の精神状態になります。気分が落ち込んだ状態が長期的に続きますし、自分の好きな事にすら全く興味を示さなくなります。双極性障害は、気持ちが高揚しているときと落ち込んだ時のふり幅がものすごく大きいのが特徴です。気持ちのふり幅が大きいと、精神的には常にとても不安定な状態なので危険な病気だと言えます。特に双極性障害の人が危険だと言われているのが、ものすごく気分が高揚した時が過ぎて気分が落ち込んだ時です。高揚した時から気分が一気に落ち込むと、高揚しているときに自分がしでかした事を思い出して自責の念に駆られます。自分を責め続ける事によって、自分自身が生きていてはいけない存在だと思い込むようになって、自殺願望が一気に膨らみます。すると、混合状態と呼ばれる精神状態になります。混合状態の時は、身体は活発に動いているのに気分はとても鬱屈しています。すると頭の中は死ぬことでいっぱいになり、最終的には計画を立てて実行してしまうのです。双極性障害の人は、躁状態の時には自分が常軌を逸している行動をしていることにほとんど気づいていません。周りの人がいち早く異変に気付いて本人に指摘し、出来るだけ早期に病院で適切に治療を受ける必要があります。しっかりと薬を飲んでおけば、症状を押さえることは十分可能です。

レディ

高齢者が発症するうつ病

高齢者のうつ病は若い人とは異なる特徴があります。年齢を重ねるにつれ、友人とのお別れや子供の独立などで寂しい思いをすることが増えます。そのため、うつ病を発症しやすくなります。サインといえる種類の症状を見逃さないことが重要です。

More...

相談

心の病について知る

心の病は年々発症する人が増えており、またうつ病によっては原因や症状が異なるためうつ病の種類も細かく分類されてきています。症状や種類を知り、長期に渡ってしっかりと治療をしていけばうつ病を改善することができるため事前に知っておくと良いでしょう。

More...

ドクター

色々ある精神疾患

心の風邪といわれているくらいに誰でも発症する可能性がある心の病気がうつ病です。社会の多様性にともなってうつ病の種類もとても多くなってきており、それぞれ異なった症状があらわれます。

More...

ウーマン

うつ病と類似する病気

うつ病とよく似た症状が現れる病気にはいろいろとありますが、代表的なものには認知症や脳梗塞やアルコール依存症や甲状腺の病気などがあります。また、インターフェロンといった種類の薬剤が原因で、うつ症状が現れることもあります。

More...