種類に合わせた治療を受けよう|うつ病から介抱されるには

ナース

心の病について知る

相談

大うつ病性障害の特徴

うつ病は心の風邪と呼ばれているほど、誰もが突然発症する病気です。現代社会が複雑になることによってうつ病にもいろいろな種類が存在するようになりました。今後更に種類が増えていくと言われています。さまざまな種類があると言われているうつ病の中で、最もポピュラーなものが大うつ病性障害と呼ばれているものです。一般的な人がうつ病と呼んでいる言葉からイメージされるものに最も多くあてはまる症状が現れるのがこのタイプであり、数多くある種類の中でももっとも患者数が多いのが大うつ病性障害です。特徴的な症状として抑うつ状態が続くことが挙げられます。簡単に言うと、気分が高揚せずに落ち込んでいる状態が長期的に続きます。普通の人でもふとしたトラブルや不幸な事で気分が沈むことはあります。しかしながら、一定の日数が経過すれば落ち込んだ気持ちも回復していきます。ところが大うつ病性障害の人は一度落ち込んだ気持ちがなかなか回復しません。医学的には二週間以上気持ちが落ち込んでいる状態が続いている場合にこの病気を疑います。そして気持ちが落ち込んでいる状態が続くだけではありません。普通の人はどれだけ気持ちが落ち込んでいたとしても自分が興味あるものに対しては心が動くものです。ところが大うつ病性障害は自分が今まで興味を示していたものにさえ全く興味や関心を示さなくなります。こういった商用は太陽が出ている日中にあらわれることが多いと言われています。そして、焦りや思考停止といった症状もよく見られます。焦りと思考停止は一見すると全く真逆で関係ないように思えますが、この二つの思考は連動しています。自分の精神状態がまともではないことを少なからず実感していて、周りに迷惑をかけているのもわかっているので現状を何とかしなければと焦りの気持ちが出てきます。焦りからかじっと座っていられなかったり、髪をかきむしるといった動作があらわれることもあります。しかし現状を変えることが出来るような考えが全く思い浮かばないため、突然何も考えられなくなります。思考停止した場合も全く喋らなくなるといった身体変化があらわれるときがあります。大うつ病性障害で最も注意しなければいけないのが死にたいという気持ちが大きくなるという点です。自分が周りに迷惑をかけていることを自覚しているため、生きていること自体が苦痛になります。自殺願望が強くなると頭の中はどうやって死ぬかという事で頭がいっぱいになり、そのほかの事が考えられなくなります。時には本当に実行に起こすこともあるので、周りの人が日ごろから観察し、変化を感じたら傍にいてあげるようにしてください。